H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

H.モーザーは通常の限定モデル以外に国別や地域別、もしくは店舗とコラボレーションした特別エディションを発表してきました。日本には基本的には未入荷の魅力的なモデルの一部をご紹介いたします。

世界一のリテーラー、ブヘラとのコラボレーション

世界一の時計販売店とも言われるスイスのリテーラー、ブヘラ。その名を冠した時計ブランドもあるほど、時計業界内で知名度の高い企業です。ブヘラはスイスのみならずヨーロッパ各国やアメリカにも展開しています。そんな同社は「ブヘラ ブルーエディション」というブルーにこだわった限定モデルを色々な時計ブランドで発表しています。H.モーザーもこれまで3型発表し、そのうち2型をご紹介いたします。

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

ブヘラエディションとして最初に登場したのは、ベンチャー・スモールセコンドの文字盤をミッドナイトブルーにした特別モデル。限定本数はなく、各国のブヘラのみで購入できるという形で発売されました。

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

ブヘラエディションで日本国内からも多く問い合わせいただいたのが、ヘリテージ・センターセコンドのブヘラエディション。これが発売されるまでのヘリテージシリーズにはパーペチュアルカレンダーやトゥールビヨンなどのコンプリケーションウォッチしかなく、初めてのセンターセコンド仕様でした。また、ブルーエディションという名にも関わらず文字盤など、外から見える部分にはブルーカラーを一切使用しておらずオートマティックムーブメントのローターとストラップの裏地にブルーをあしらうといった心憎い演出が施されました。

独自のカラーや文字が特徴!中東限定モデル

ドバイやアブダビといったオイルマネーの中心地である中東地域では、王族やビジネスエグゼクティブを中心にH.モーザーは非常に注目を集めています。中でもスイスでの国際展示会、バーゼルワールドやウォッチ アンド ワンダーズ(旧SIHH)に続く存在として、毎年11月ごろに開催されるドバイウォッチウィークではこれまで宗教的な要素や民族的な観点が反映された、たくさんのコラボレーションモデルが発表されてきました。

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定
H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

エンデバー・センターセコンド コンセプト ドバイエディション
「Yin-Yan(陰陽)」をホワイトとスレートグレーのフュメで表現した限定モデル。とくにホワイトカラーはこのモデル以外に現在のところ存在せず、瞬く間に完売しました。

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定
H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定
H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

ベンチャー・スモールセコンドの限定モデルが3種類。上から、国旗の色を表現したカタール限定モデル、アイスブルーカラーが特徴のドバイ限定モデル、パープルヘイズと命名されたカラーが初めて搭載された中東のデジタルウォッチメディア Horophile 限定モデル

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

比較的新しいエンデバー・フライングアワーズのドバイ限定モデル。ケースがDLCコーティングを施したステンレススチール製ケース。アラビア数字ではなくヒンディー数字(インド数字)になっているのが特徴。

最初のステルスモデル!?香港エディション

H.モーザーのコラボレーション プロジェクト Vol.2 /各国限定

一番最初の自動巻きモデル、エンデバー・デュアルタイムの香港エディション

先日ベンタブラック®を使用したモデルが3種類発表されましたが、それらが登場するまでの間、H.モーザーの中で最も黒い時計は香港のリテーラー「エレガント」とコラボレーションしたエンデバー・デュアルタイムだと言えるでしょう。


今回ご紹介したのはほんの一部ですが、国や地域別の特徴が出ている面白い作品を小ロットで製作できるのもH.モーザーの強みと言えるかもしれません。あまり多くは露出されませんが、今後の各国限定にもぜひご注目ください。

《H.モーザー 日本公式WEBサイト お問い合わせ専用アドレス》
moserwatchesjapan@gmail.com

©East Japan Co.,Ltd