H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場

H.モーザーの日本限定モデル
エンデバー・センターセコンド
オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場

2005年に復活し、2013年から新体制となって以降、ブランドへの評価を着実に積み上げるH.モーザー。スイス・シャフハウゼンに本拠を構える、このブランドを復活初期から高く評価してきた日本市場に向け、新たな魅力を湛えた新色ダイアルと高度な機能の脱進・調速機構を搭載する特別なモデルが発表された。

取材・文:名畑政治 / Report&Text:Masaharu Nabata

“青い水平線”と命名された
純粋なブルーのダイアル

H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場
“ブルーホライズン”と命名された新色のフュメ・ダイアルを採用した『エンデバー・センターセコンド コンセプト“ブルーホライズン”』。
そのダイアルにはブランドを示すロゴや時刻の指標となるインデックスは完全に排除されている。
この独自のスタイルをH.モーザーでは“コンセプト・デザイン”と呼んでいる。

スイス・シャフハウゼン生まれの時計師であり起業家・実業家でもあったハインリッヒ・モーザー(1805-1874)が設立したH.モーザー。20世紀初頭に創業家の手を離れ、やがて休眠状態となったが、この伝説の時計ブランドが復活したのは2005年のことだった。
その後の2013年、H.モーザーはスイス・ジュウ渓谷に続く名門時計ファミリーのメイラン家の所有となり、新CEOにエドゥアルド・メイランを迎えて改革を続けてきた。その結果、品質が安定し、自社の強みを活かした製品作りによって世界各国で高い評価を得ている。
そのH.モーザーが新体制となって初めての日本限定モデルを発表した。それがこの『エンデバー・センターセコンド コンセプト“ブルーホライズン”』である。
エドゥアルド・メイランCEOとなってからの2017年に発表された『エンデバー・センターセコンド』は、高度な技術が集約された自社開発・製造による自動巻きムーブメントを搭載するブランドの次世代を担うコレクション。このモデルに今やH.モーザーのアイコンとなっていて、模倣するブランドも後を絶たず静かなブームを巻き起こしている“フュメ・ダイアル”の新色が採用されている。
“フュメ(fume)”とはフランス語で“煙”のこと。つまり、空中を漂う煙や、あたかも煙で燻(いぶ)されたかのような微妙なグラデーション(連続的に変化する色彩の階調)が美しいダイアルであり、このモデルには“ブルーホライズン”と命名された新色のフュメ・ダイアルを採用。この美しさを存分に堪能するため、ブランドのロゴや時刻の指標となるインデックスなどをすべて排除した、H.モーザーならではの“コンセプト・デザイン”が採用されている。

ここで採用された“ブルーホライズン”は、これまでH.モーザーが開発してきた十数種類のフュメ・ダイアルにはなかったカラー。それは従来とは異なる“純粋な青”であり、青い空と大海原、そして、その境界をなす水平線にインスピレーションを得た鮮やかな色彩のハーモニーは、インデックスやロゴ、日付表示窓などによって邪魔されることなく、オーナーとなった者の心を奪うことだろう。

また、H.モーザーが創出した、この“コンセプト・デザイン”には、“ブランドのロゴがなくても、ひと目でH.モーザーの製品とわかるはず”という自負が込められている。それは同時に時計そのものの品質や存在感を際だたせることとなり、真のラグジュアリーとは何か?ということを、我々に問いかけるのである。

H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場
ウォッチ・マニュファクチュールである「H.モーザー」は、新天地を求めロシアに渡ったシャフハウゼン出身の時計師ヨハン・ハインリッヒ・モーザー(1805-1874)が1828年にサンクトペテルブルグにて創業。同社はロシアのみならず中東から極東にまで販路を広げて多大なる成功を収めた。また、起業家でもあったモーザーはシャフハウゼンの町を流れるライン川に水力タービン装置やスイス初の水力発電所を建設し、町の発展に貢献した。
H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場
H.モーザーではロゴやインデックスを排除した極めてシンプルなダイアルを“コンセプトデザイン”と呼び、同社を代表するモデルに搭載する。これは“本物のラグジュアリーな製品はブランドを識別する印がなくとも簡単に見分けが付くはず”という信念に基づくもの。たしかにロゴがなくてもひと目でH.モーザーの製品とわかり、均整のとれた時計の美や細部に込められたクラフトマンシップが息づいていることが理解できる。

シンプル・モデルながら
最上級の高精度システムを導入

H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場
日本限定モデル『エンデバー・センターセコンド コンセプト“ブルーホライズン”』に搭載されるのは
H.モーザーが自社工房で開発・製造した自動巻きムーブメントの「Cal.HMC200」である。
H.モーザーならではのダブルストライプ装飾やエングレービングが施されたゴールドのローターを搭載。
さらに「シュトラウマン・ダブルヘアスプリング・エスケープメント」が搭載されていることをアピールするため、
テンプのブリッジはブルーに染められている。

こういったH.モーザーの自信と自負を裏付けるもうひとつのポイントが搭載ムーブメント「Cal.HMC200」の存在だ。
このムーブメントはH.モーザーの自社開発・製造によるものだが、今回は特にH.モーザーの系列会社であるプレシジョン・エンジニアリング(Precision Engineering AG)が製造を担当した「シュトラウマン・ダブルヘアスプリング・エスケープメント」が採用されている。

このエスケープメント(脱進・調速機構)は、プレシジョン・エンジニアリング(つまりH.モーザー自社)が製造した同じ性質を持つヘアスプリングを上下に2個重ねて設置することで、ヒゲゼンマイの重心移動が補正され、より高い精度と等時性を発揮するもの。通常はより複雑な機構を搭載するH.モーザーの上級ラインにのみ採用されるが、今回のシンプルな三針自動巻きムーブメントに特別に採用されている。そして、この特別な仕様を際だたせるため、テンプのブリッジはブルーに染められていることにも注目したい。

この何から何まで特別仕様の『エンデバー・センターセコンド コンセプト“ブルーホライズン”』は日本限定で20本を販売予定。これは極めて希少なモデルである。

H.モーザーの日本限定モデル <br>エンデバー・センターセコンド <br>オートマティック コンセプト“ブルーホライズン“登場

H.モーザーはスイス時計界にあって極めて珍しいヒゲゼンマイを自社製造できるマニュファクチュールである。

しかも今回の新作には、自社製ヒゲゼンマイの中から選りすぐった同じ性質を備えた2個のヒゲゼンマイを脱進・調速機構に搭載し、ヒゲゼンマイの拡張と収縮に伴う重心の移動を補正しあうことで、さらなる高精度化を実現した「シュトラウマン・ダブルヘアスプリング」というシステムが採用されている。

H.モーザー 日本限定モデル
エンデバー・センターセコンド オートマティック コンセプト
“ブルーホライズン“

シンプルさを極めた純粋な青で水平線の美を表現した“ブルーホライズン”と命名された新しいフュメ・ダイアルを採用。H.モーザーの自社開発・製造によるムーブメント「Cal.HMC200」には系列会社のプレシジョン・エンジニアリングが製造を担当する「シュトラウマン・ダブルヘアスプリング・エスケープメント」が搭載されている。日本限定20本。

SPEC

Ref.1200-0204
ケース径:40.0mm
ケース素材:18KWG
防水性:日常生活防水
ストラップ:手縫いのブルーアリゲーター
ムーブメント:自動巻き、キャリバー HMC 200、27石、
パワーリザーブ約3日間
仕様:シースルーバック、シュトラウマン・ダブルヘアスプリング・エスケープメント

価格:2,950,000(税抜)

©East Japan Co.,Ltd